脳疲労

 

なかなか疲れがとれない

頭がぼーっとしている

不眠

 

*『脳疲労』とは

 

外部からの情報過多や、過度のストレスにより、脳が正常な機能を果たせなくなった状態のことです。

 

パソコンや

携帯やパソコンなどの普及により、多くの情報が溢れ、

効率的に物事が進むスピードの中で、全てのことを受け止め、処理をする役目である『脳』は常に酷使されている状態です。また、精神的なストレスは『心』が疲れたという感覚になりますが、実際には、心臓ではなく脳が受け止めているので、『心』の疲れも『脳』につながります。

 

テクノロジーの進化と供に様々な物がデジタル化され、生活の便利化が進み、生活そのものの質が非常に効率的で快適になった反面、一方で、慢性的な疲労感や不調により、深刻な症状を抱えている人が増えています。パソコンや携帯などにより、脳は酷使されています。

 

身体に不調が出たとき、症状を緩和させるためにその部分をケアをすることも、もちろん必要です。

でも、全身の司令塔である脳が疲れたままでは、根本からの改善にはなりません。

 

本当に一番休めてあげたいのは、手で触ることのできない『脳』ではないでしょうか。

 

*頭のコリ

 

コリは、筋肉がぎゅっと収縮して硬くなっている状態です。

他の筋肉と違い、頭部の筋肉は、心に抱えるストレスなどのネガティブな感情や思考と大きく関わっています。

 

例えば、過剰なストレスを受け続けると、まず始めに苦しみなどの感情となり、それがそのまま表情となって顔に現れ、表情筋や頭の筋肉が収縮して凝り固まっていきます。

怒りという感情を抱いてイライラしていると、おのずと眉間に力が入り、さらに奥歯を噛み締めることで、咀嚼筋である側頭筋が緊張して収縮し、『コリ』となって筋肉に刻まれていくのです。

頭やお顔の筋肉は心と直結しているので、頭部の筋肉のコリはネガティブな感情の記憶とも言えます。その記憶を筋肉は深いところへと溜め込んでいきます。

『コリ』は、症状としては筋肉が収縮して硬くなっている状態ではありますが、実は『コリ』が出来る根本の原因は、『ネガティブな感情』や『耐える』こと、日常のちょっとした気持ちの力みから始まっているのです。

 

 

 

 

 

*『脳疲労』とは

 

外部からの情報過多や、過度のストレスにより、脳が正常な機能を果たせなくなった状態のことです。

 

 

全てのことを受け止め、処理をする役目である『脳』は常に酷使されている状態です。

 

また、精神的なストレスは『心』が疲れたという感覚になりますが、実際には、心臓ではなく脳が受け止めているので、『心』の疲れも『脳』につながります。

 

いつの間にか蓄積されている『脳疲労』。

RIREGERでは、独自の手技により疲れの根本にアプローチし、頭の筋肉の深層部にある『コリ』をほぐしていきます。

 

頭部のコリをほぐすことにより、筋肉の疲れだけではなく、筋肉に溜め込んできた様々な感情や、無意識の力みが解け、脳が癒され休まることにより、心身ともに元気になります。

 

 精神的なストレスは、感情となって心に溜まり、主に表情となって顔に現れます。そして表情筋や頭部の筋肉を緊張させ収縮させてコリとなり、頭の筋肉の深いところへと刻み込まれていきます。

『脳』と『心』の疲れは頭部にコリやむくみとなって表れているのです。

 

 

*RIREGERのヘッドスパの効果

 

・脳疲労が解消され、頭痛や不眠症が緩和されます。また、疲れた内臓を活性化し体内毒素が排泄されやすくなります。眼精疲労や肩こり、ストレス性の腰痛が緩和されます。全身の司令塔である脳を休めることで、効率的に疲れをとることができます。また、頭皮の弾力を取り戻し、顔をリフトアップさせるアンチエイジング効果や、頭皮環境を改善し、健康な髪の育成につながります。